2017/08/08

平和の灯

長崎が被爆から72回目の原爆の日を迎えるに先立ち
8月8日(火)平和公園にて『平和の灯』が行われました。

この事業は、長崎市により市民参加型の平和推進事業『8・8・8一斉点灯事業』として
平成5年からスタートし、現在は『平和の灯実行委員会』が主催となり企画実行されております。

私たち長崎JCも、この事業が皆様が身近に感じていただけることが、大切だと考え参加させていただきました。
公園内の「平和の泉」周辺には、小中学生、学童、ボランティアの方々を主にし
一つひとつ平和への祈りをこめて作成していただいた約4,400個の手作りキャンドルが並べられ、柔らかで優しい灯りがともされました。

 

灯りをともすことで原爆で亡くなった多くの方々を慰霊し、一人ひとりが原爆の惨禍を消して忘れることなく
平和の尊さを大切にする心を次の若い世代に育んでもらえればと考えています。